表情のある革、使い込むほどに風合いが増すバッグや小物!!

ナチュラルレーダー【Natural-Leder】・ゾンネンレーダー【SONNENLEDER】


ナチュラルレーダー【Natural-Leder】

ナチュラルレーダー【Natural-Leder】の革製品は栗や樫などの植物性の素材を用いて伝統的な方法で9ヶ月前後なめされた後、職人の手によりひとつひとつ丁寧に仕上げられたものです。
工程に化学物質を一切持ち込まずまわりの環境を汚すことなく作り上げられた自然の革。そのナチュラルな革の色は光を受けて次第に濃い色調へとかわり、使い込むほどに光沢を持った美しいあめ色に変わっていきます。


ゾンネンレーダー【SONNENLEDER】

ゾンネンレーダー【SONNENLEDER】は最高級の革として知られる南ドイツの牛革のみを用いた高品質の革製品です。そのなめし職人だけが知る伝統的な手法で全工程植物だけを使ってなめし(タンニンなめし)、動物性のオイルで仕上げました。
この革独特の表情、香り、そして使い込むことで得られる光沢を持った色調・風合いをお楽しみください。

ゾンネンレーダー【SONNENLEDER】の革について

●ゾンネンレーダー【SONNENLEDER】の革のお話 1

天然の革製品のため、一つ一つ革の表情に違いがあります。革表面の手ざわり、色調、色の濃さはそれぞれに違い、同じものはありません。お持ちになる方の使い方によって、革の風合いは変わっていきます。
自然の革であるゾンネンレーダー【SONNENLEDER】の特徴をご理解いただき、使い込むことで得られるゾンネンレーダー【SONNENLEDER】の革の風合いをお楽しみいただきたいと存じます。⇒2へ続く

●ゾンネンレーダー【SONNENLEDER】の革のお話 2

次に挙げる特徴は自然の革であるゾンネンレーダー【SONNENLEDER】の革の特徴でもあります。これは欠陥を示すものではありません。初めのうちは色むらができることもありますが、使っているうちに全体的に同じような色調になっていきます。
当製品に限らず革製品は水濡れに弱く、また湿気を帯びていると、カビなどトラブルの原因となります。できるだけぬらさないようにご配慮下さい。次に水でぬれた時のことについて説明します。⇒3へ続く


●ゾンネンレーダー【SONNENLEDER】の革のお話 3

自然の革であるゾンネンレーダー【SONNENLEDER】の革製品は水滴に当たるとあとが残ります。(参照①→参照②)〔黒はあまり目立たないように思います〕
気にせず風合いが出てくるのを待って頂いても勿論結構ですが、使用前あるいは使用後に製品の表面を水でぬらした布で拭くこともできます。この写真は水滴が付いた後、ぬらした布で拭いたものです。(参照③)
布のぬれ具合や力の入れ方で、革の色の変わり方も異なります。乾くと、ぬれていた時よりは革の色は濃くなります。(参照④)⇒4へ続く

●ゾンネンレーダー【SONNENLEDER】の革のお話 4

けれども、ぬらす前の革の色・状態と同じには戻りません。革の経年変化の過程を早め、濃い色調となっていくのです。


この写真は使用前にぬらした布で全体的に拭いたものです。
(元の革①→ぬらした革②→乾いた革③)オイルやワックスなどは必要ありません。逆にオイルなどを使うことによって、革の自然な変化を止めてしまう恐れがあります。(ぬらした場合は乾いてからご使用くださいますようお願いします。)⇒5へ続く

●ゾンネンレーダー【SONNENLEDER】の革のお話 5

気温の低い所に置いておくと、革の表面が白くなっている時があります。これは革の内部から染み出した油分なので、布などで拭き取っていただければ結構です。
色が変わったり油分が出てくることは、自然の革製品としてよくあることです。
押されて濃くなってしまった部分は裏から押してみて下さい。


傷については残念ながら、回復することは難しいですが、だんだんと濃い色調になるこの革にとっては、使い込んだ革の表情の1つとして慈しんでいただけることと思います。(右の画像は参考品です)